掛け流しの旅

2013年8月26日

バイクも車検だったので車で温泉一人旅へ♨♨♨

関越-上信越をサクッと一っ走りで佐久平PA
d0042380_0454249.jpg

雲海が目線なのね



朝早かったのでここでチョット一眠り

8時過ぎに再出発

長野道へ入り長野ICで下りて白馬方面へ

途中のオリンピック道路からの白馬の山々
d0042380_0545135.jpg


R148へ入り北へ向かいます

左手にはスキー場が並んでます

五竜とおみ-八方尾根-岩岳-栂池 ・・・・学生時代に夜行バスでスキーに行きましたなぁ

更に進むとトンネルが続き・・・平岩というところで右折

ココから20数キロ山の方へ進みます

途中の景色
d0042380_1105151.jpg

d0042380_114524.jpg


舗装はされてるけど結構な山道を進みます

こんな山奥にはそんなに来る人いないだろうなぁ~・・・と思っていたら
駐車場は車がイッパイ!!
d0042380_1245149.jpg

そうそうココは山に登る方達のベースでもあるんですよね

車をここにおいて進んでいくと見えてくるのが「蓮華温泉ロッジ
d0042380_1355111.jpg

ここで温泉の利用料金を支払います@800(内湯+野天風呂)

ロッジの裏手が野天風呂への入口
d0042380_1373278.jpg

右回りルートで向かいます

ところどころ階段状の山道を5分ほど進むと見えてくるのが
「黄金湯」  ・・・マグネシウム炭酸水素塩泉
d0042380_1471819.jpg

やった!!・・・貸し切り♪

まだお湯が湯船の半分くらいしか入っていない状態でしたがアブと戦いながら入浴

さっぱりした感じの優しいお湯でした

んで次を目指して登って・・・
d0042380_159368.jpg

ん?「新黄金ノ湯跡」・・・昔有ったのかな?
で・・・登って・・・10分くらい

「仙気の湯」  ・・・ 単純酸性泉
d0042380_1574221.jpg

ココも貸し切り

すこし白濁した濁り湯です・・・ちょっと曇りだけど景色もイイ感じ
ココのお湯が一番人気らしいです

周りはこんな感じで硫化水素ガスが立ち込めています
d0042380_255022.jpg


で更に矢印に従って次を目指します
d0042380_28616.jpg

5分ほどちょっと急な山道を進むと

「薬師湯」  ・・・酸性硫酸塩泉
d0042380_2111753.jpg

お湯は少し緑がかった濁り湯・・・今回の一番高いところにある温泉です
ココも貸し切りなのでちょいとセルフ撮影
d0042380_2132290.jpg

お湯を舐めるとチョー酸っぱい!!・・・酸性泉ですなぁ~

でこの薬師湯から仙気の湯を見下ろすとこんな感じです
d0042380_216842.jpg


良い景色とサイコーの温泉・・・たまりません

で次なる温泉は下ること10数分

「三国一の湯」  ・・・  酸性アルミニウム硫酸塩泉(←珍しい)
d0042380_219067.jpg

このお湯は・・・チョーぬる・・・夏しか入れません・・・というくらいの温度です

後で知ったけどアルミニウム泉で珍しいんですね

で4つの野天風呂を堪能し・・・〆は蓮華温泉ロッジの内湯へ

蓮華温泉ロッジ 内湯(総湯) ・・・ 酸性硫化水素型含硫黄温泉
d0042380_2243841.jpg

少し緑がかった白濁したお湯です

窓の外は雲が出てきてあまり見えませんが北アルプスの山々が・・・あるはず
d0042380_227191.jpg


いやぁ~   蓮華温泉ロッジはまさに「温泉天国」ですなぁ~

5つとも泉質の違うお湯で野天風呂は景色も様々
内湯も酸性泉かつ硫黄泉でサイコーのお湯でした

名残惜しいけどロッジをあとにして次なる目的地へ

一旦R148へ戻り再び白馬方面へ・・・途中トンネルの切れ目を左折

で見えてくるのが小谷温泉(おたりおんせん)の雨飾荘
d0042380_2341935.jpg

その少し手前の林の中にあるのが「雨飾高原 露天風呂」 ・・・ 炭酸水素塩泉
d0042380_2371728.jpg

ココは男湯と女湯で別れてます・・・寸志を払い男湯へ
d0042380_238472.jpg

湯船は岩とコンクリートで出来ていて野趣は無いけど綺麗な造りです
d0042380_2424886.jpg

少し熱めだけどサッパリとしたイイお湯です・・・ココでもセルフ撮影
d0042380_245841.jpg


イイ湯を堪能・・・コノ時点で14時半くらい・・・このまま帰るか迷い・・・

看板に出ていた「妙高市へ通行出来ます」・・・の文字に惹かれて・・・

小谷-妙高ルートを選択・・・でもコノ道結構なダートという噂

で・・・程なく舗装路からダートへ変わり道幅も狭いところも・・・

フラットダートに砂利ダートにガレ場などなど盛りだくさんです
さすがにFZ1だときついかな・・・昔行った北海道のヌプントムラウシへの道を思い出しました

で長野と新潟の間になる乙見山峠へ到着・・・トンネル(隧道)になってます
d0042380_2563754.jpg

ココからは下っていきます・・・新潟県側もダート道です
d0042380_2585646.jpg

途中の景色が開けたところで撮影・・・乙見湖が見えます

下りきって沢を渡り「笹ヶ峰牧場」を通過
d0042380_311386.jpg

妙高杉ノ原スキー場付近・・・野尻湖が見えます
d0042380_323856.jpg


妙高高原に入り赤倉方面へ・・・で見えてきたのが
遠間旅館
d0042380_394791.jpg

・・・ココは自分も資格をもってる「温泉ソムリエ」の家元が経営しているお宿です

一度は宿泊したいと思っていますがまたの機会に・・・


赤倉温泉から関温泉を抜けてついたのが燕温泉
d0042380_311194.jpg

小さな温泉街を抜けて目指すは無料の公共の野天風呂
d0042380_3125874.jpg

燕温泉には2つの無料野天風呂があります「黄金の湯」と「川原の湯」
今回はこっちを選択  「黄金の湯」 ・・・ ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物温泉
d0042380_3142691.jpg

無料だけど寸志を払い入浴
d0042380_319790.jpg

白い湯ノ花が舞う白濁したお湯で湯温もちょうどイイ感じ
d0042380_3482434.jpg

湯船はその成分とかでチョー滑りますのでご注意を・・・自分も滑って転けそうになりました(汗)

ホントはもう一つの「川原の湯」も行きたかったけど・・・コノ時点で17時ちょい前

なので次回の楽しみにして帰路につきます

関温泉を抜けジェットコースターのような下り道を走ってR18へ

妙高高原ICから高速へ乗り20時に帰宅

今回は3つの温泉地と7つの異なった泉質の温泉
しかも全てが源泉掛け流しの温泉を堪能し充実した温泉一人旅となりました

本日のルート730km

おしまい
[PR]

by yoo-1 | 2013-08-27 03:34 | 温泉