サ イ ハ テ ・・・

d0042380_21321056.jpg






2011年GWも中盤にさしかかる5/3~5の連休をどう過ごすか・・・

高速道路の休日1000円もいつまで続くのか・・・

バイクに乗って久々のロング(=遠乗り)に出かけようか・・・

さて、行き先は?

周りは諸事情で自粛ムード?につき一人旅

といえば・・・『みちのく一人旅~』 ♪

と言うわけではないがとにかく宿が確保できるかどうか・・・

急遽前日にプランを考えルートをかんたんに決めた

震災の影響からか東北地方の3日と4日の宿は案外たやすく確保できてしまった

天気予報は曇りは混じれども雨マークはないようだ

あわてて荷造りして床につく

5/3(祝) AM 5:15 出発
d0042380_11483348.jpg


自宅からの東北道へのアプローチは浦和ICまで15分と容易だ

ここから八戸の先まで640kmあまり高速を利用します

通常だと9000円を超える高速代は1350円・・・確かに安いな

バイクなので給油を含めだいたい200kmをめどにSAに立ち寄るイメージ

最初の給油ポイントを安達太良SAに決めて目指す

3連休の初日の東北道はマイカーの出もソコソコで渋滞こそないが100km/h超くらいでペースは遅め

アベレージはもう少し上げていきたいので車を縫いながらペースアップ

宇都宮までの3車線が終わるところで最初の渋滞・・・ここはすぐにクリア

しばらくしてヘルメット越しに肥のにおいが漂う・・・那須付近を通過(確かに某R氏の言っていたとおりだw)

更に進み「これよりみちのく」の標識の白河を過ぎると路面が所々でこぼこになっている

地震の影響で路面は所々補修跡もあるが・・・そのままの所もあり股間を強打(汗)

路肩にあるパイロンが目印でそのあたりは気をつけないと突然ジャンプ!!なんて事も・・・

こんな感じで走っていると後ろの荷物がずれ始めてミラー越しに見ていると気になってしょうがない

んで予定より早く安積PAに立ち寄る
d0042380_12122694.jpg

ここで給油して次を目指す・・・目的地は前沢SA

本宮を過ぎ磐越道からの合流後は車の量が増える

白石IC~村田Jct間で事故渋滞・・・20km近くすり抜けでペースダウン

東北道は被災地へ向かう自衛隊車両も結構走っていました・・・ご苦労様です

宮城県内は50km規制・・・所々自然渋滞が発生していたが岩手県に入りペースアップ

AM9:30には前沢SAに到着
d0042380_12194668.jpg

北へ向かうバイクも増えてきた(奥のシルバーのGPZ1100は後ほど何回かすれ違う)

ここで給油とかみさんが持たせてくれたおにぎりを補給して残り一気に高速の終点を目指す

八戸道へ向かう途中東北道の最高地点標高475m通過(ネットより画像拝借)
d0042380_12255298.jpg


トンネルもいくつか抜けて走っていると前方に今回初のパトカー発見

みるみる他の車もペースダウン・・・なので急遽トイレ休憩 畑PAに立ち寄り
d0042380_12282621.jpg


この先、八戸方面へ分岐して第2みちのく道へつながる下田百石ICで降りる
d0042380_12391540.jpg


ココおいらせ町は下北半島の玄関口で2008年7月に八甲田から八戸に抜けるときに通過した

ここからは一般道R338で北を目指す

基地の町の三沢を抜け原子力関連の町六ヶ所村に入る
d0042380_12395155.jpg

久しぶりにあったコンビニで休憩
d0042380_12402660.jpg


この先東通村に入る・・・ココも原子力発電所がある(ネットより画像拝借)
d0042380_1245162.jpg

青森は原発関連多いですね・・・人が少ないからかな?

小田野沢を過ぎ尻屋崎への近道ルートの県道248へ入る

この道は本当にすばらしい森を抜けるゆるやかなワインディングルート
d0042380_1251519.jpg

ゆっくり走っても気持ちいいお勧めルートです
d0042380_12515971.jpg


快適ルートをひた走り県道6号にはいると海が見えてきます・・・津軽海峡です

北の最果ての鉱山の日鉄鉱業尻屋鉱業所を過ぎると尻屋崎への玄関口(ネットより画像拝借)
d0042380_1322029.jpg

ここでバイクはボタンを押して進入します

しばらくして見えてくるのが尻屋先灯台
d0042380_1331379.jpg

d0042380_1342638.jpg

尻屋先は今回で2度目・・・前回は風が強かったイメージしかなかったかな
d0042380_139586.jpg

前回と違って反対側にもゲートが出来たようなので道なりに走って行くと
d0042380_13115050.jpg

寒立馬発見!! 記念撮影 (ちなみに尻屋崎関連参考HPはコチラ
d0042380_13125999.jpg


この時点で時間はPM3:00過ぎ・・・今日の宿泊予定は大湊・・・大間はどうしようか迷う

県道6号をむつ市に向かって走りながら考える・・・

気持ちは・・・宿に早めに入って疲れをとり・・・明日大間を目指すか・・・と傾いていた

むつまで約30km・・・大間まで60km

分岐点で一瞬迷うが・・・道を右折・・・大間を目指す(今ならとばせば明るい内に到着するでしょう)

なんとかPM16時過ぎに大間に到着
d0042380_13265580.jpg

大間と言えばマグロの町
d0042380_13274360.jpg

灯台の先には北の大地北海道がかすかに望めます
d0042380_1329170.jpg

ここまでの走行距離は約850km
d0042380_13295229.jpg

「ここ本州最北端の地」・・・・今回で4回目くらい(バイクでは初めて)
d0042380_1331401.jpg


ここから引き返し宿のある大湊を目指します

途中、夕飯に立ち寄り 下風呂温泉にある あさの食堂
d0042380_13363820.jpg

頼んだのは「うに丼」 本当はイカが旨いんだけど時期が早かったんで今回はお預け
d0042380_13374568.jpg

今回で3回目だけどいい味です

で再度宿に向け出発

JR東日本の大湊駅の隣にあるフォルクローロ大湊
d0042380_1415989.jpg

JR大湊駅は大湊線の終点で最北の駅は一つ手前の下北駅なので「てっぺんの終着駅」を名乗ってます
d0042380_1435359.jpg

d0042380_144319.jpg

ホテル裏の駐車場にバイクを停め1日目終了
d0042380_146749.jpg


1日目・・・走行距離は903.2km



5/4(祝) 2日目

昨夜からネットで天気予報を見てると下北付近は午前中は雨マーク

昼過ぎから出発しようかなんて考えていたが

朝起きると曇り空でまだ降ってない・・・

なので急遽朝食を済ませて8時過ぎに宿を出発

曇り空 大湊駅08時01分初の快速 下北 八戸行き
d0042380_164689.jpg


R279を南下して大湊線と平行しながら野辺地を目指す

1時間ほど走って野辺地漁港
d0042380_16503914.jpg

陸奥湾は内海なので静かです
d0042380_16511482.jpg

R4に入り青森方面へ・・・この辺りはホタテの直売所が立ち並んでます

この日は日本海側へ抜けて秋田を目指します

青森東IC~浪岡ICまで高速利用  少し山側に入ったせいか小雨がぱらつきましたがすぐやんで到着
d0042380_16542656.jpg

この気温ならまだ桜も
d0042380_16552215.jpg

ここからR101(津軽自動車道)で五所川原~鰺ヶ沢へと抜けて日本海側へ・・・

が・・・走り出した途端・・・周りは黒い雲に覆われ雷が・・・

雷雨発生・・・しかもみぞれ混じり・・・ズボンはカッパを穿いていたが上着は革ジャン

屋根があるところに行ってカッパの上着を着ようと思ったが・・・・屋根がない

行く方向は明るいのでそのまま走って・・・・道の駅もりた到着
d0042380_1711925.jpg

路面が濡れまくってますが綺麗な桜が満開
d0042380_172098.jpg

この先の鰺ヶ沢からは右に日本海を見ながら五能線と平行して走るルート

千畳敷っていう観光スポットは前に見たからパスして道の駅ふかうら
d0042380_1743176.jpg

かそせいか焼き村っていう名前が付いているくらいで停まった途端 焼きイカの良い匂いが立ちこめる
d0042380_178925.jpg

迷わずGet 1枚300円也
d0042380_179365.jpg

道の駅の鮮魚コーナーは人がごった返してました
d0042380_17101189.jpg

ヒラメ12000円
d0042380_17103915.jpg

外に出て周りはこんな感じ
d0042380_17111583.jpg

d0042380_17113885.jpg

ひと休みして出発する・・・雨と気温が10℃前後の中を走ったので体が冷え切ってガチガチ

この先の温泉スポットで温まろう

この付近で以前に入ったことがあるのは黄金崎不老不死温泉とウェスパ椿山温泉

天気が良ければ椿山オーバーフローに挑戦も考えたが・・・

今回はその間にある「みちのく温泉」に目標を定める
d0042380_17175625.jpg

なんでも遊離二酸化炭素含有量日本一らしい
d0042380_1719163.jpg

しかも日本一の大水車があるらしい
d0042380_17193571.jpg

基本は旅館なのだが日帰り入浴も受け付けていて450円払って入る

温泉自体も加水してぬるめていないので100%源泉かけ流しらしい

室内の内湯は熱がこもっているのでパスして外湯へ(ネットより画像拝借)
d0042380_17234583.jpg

4人も入れば満員のこぢんまりした感じでイマイチかと思ったら

海岸の方に別の湯小屋発見
d0042380_1727389.jpg

サンダル履いて降りていくと別の湯船2つありました
d0042380_17274917.jpg

んでココには先客が一人いたがしばらくして帰っていったので貸し切り状態

のんびり湯につかっていると・・・突然轟音と共に目の前を列車が通過?(ネットより画像拝借)
d0042380_17301872.jpg

そうココの露天は五能線のすぐ脇にあるので列車からも丸見えなのだそうです

肝心のお湯は・・・熱い源泉とぬるめの源泉を混ぜてイイ感じの湯加減

不老不死温泉よりずっとイイ温泉でした

ここは是非旅館に泊まってまた来たいと思います

体も温まって出発・・・海岸線を南下して能代へ

ここから能代南IC~秋田北ICまでの無料区間の秋田道を走って秋田市内へ

夕飯をどうするか迷っていたら「すき家・秋田泉店」があったので入ってみる
d0042380_17395982.jpg

なぜココにしたかというと
d0042380_17403188.jpg

ODOが8888kmのキリ番だったからw

夕飯食って今夜の宿?に向けて再度出発・・・15分くらい走ってついたのは

R13沿いにある天然温泉 グランスパ ホテルこまち っていう健康ランド(画像は撮り忘れたので拝借)
d0042380_17443520.jpg

ここのカジュアルスペース(シングル)2800円で温泉付き
d0042380_17472797.jpg

室内はインターネット漫画喫茶みたいなパーテーションで区切った感じ

まぁ安いからいっか・・・

2日目・・・走行距離は338.5km





5/5(祝) 3日目
昨晩からネットや地図みながら帰りのルート色々考えた

R7南下して鳥海山経由 酒田ー山形道ー東北道 等々

結局高速の渋滞を出来るだけ回避するように最短ルート選択

秋田南ICー秋田道ー北上Jctー東北道の快適ルート

AM8:00出発して秋田道に入る・・・横手から先は以前のツーで通ったルート

北上Jctから東北道へ入り再び前沢SAへ
d0042380_1812140.jpg

この3日間で一番天気がイイ
d0042380_18125451.jpg

給油して出発・・・途中福島飯坂から二本松間で事故渋滞20km

安達太良SAに12:00ころ到着
d0042380_18145179.jpg

那須から宇都宮間が渋滞してるらしい

自宅に帰宅時間を伝えて出発

なんとか14時30分過ぎに無事帰宅

3日間の総走行距離は1838km 給油量92.62L 平均燃費19.84km/L




北へ向かう・・・しかも一気に走る

気温の変化や木々の変化などが走りながら感じ取れる

はじめて本州最北端を目指したときは出来るだけ高速を使わない旅だった

時間が許せばそれがイイかもしれない

その昔まだ岩槻がスタートだった東北縦貫自動車道と呼ばれていた頃からなんとなく身近に感じた東北

震災の影響で太平洋側の沿岸部はダメージもそうとうであろう・・・

今回は立ち寄りたいと思ったが野次馬的に感じられたのであえてパスした

一気に岩手を超えて青森に入り下北半島を巡る旅にした

下北って非常にマイナーな場所である

恐らく縁がなければ一生訪れない人の方が多いかも

でもここには何故かユッタリとした時間の流れが感じられる場所がある

車のペースもゆったりしている

趣向を変えて列車で廻るのも面白いかもしれない・・・車窓から見える風景もまた違って見えるだろう

また日本海側の海岸線もすばらしい・・・一度は夕日を見に訪れるのもイイだろう

今回の意外な収穫は 「みちのく温泉」 であった

ココには季節を選んで泊まってみたいと思った

まだまだ立ち寄りたい所はたくさんある

機会があればまた行きたい・・・バイクの旅であればもう少し暖かくなってからがイイかもしれない


最後に・・・やはり北東北は遠い・・・もう一日あればもっと廻れると思う



心地よい疲労感
 
そして

それなりの達成感

この二つは間違いなく味わえたので良しとしよう
[PR]

by yoo-1 | 2011-05-03 21:30 | ツーリング