比較&対照

2013年2月10日から1泊でまたもや温泉旅行

d0042380_2130354.jpg





今度の行き先は信州の鎌倉とも呼ばれる「別所温泉」
過去にも別所の共同湯の3湯を巡っております
2011年8月
2012年10月
2012年11月


別所の湯は良いお湯なので一度泊まりでユックリ楽しみたいと思っておりました
そこで毎度おなじみのトクーポン利用です


AM10時過ぎに出発し・・・宿には夕方着なので途中寄り道していきます
まずは昼ご飯・・・高速の佐久PAにあるお蕎麦屋さん「そば処 ひらお」で腹ごしらえ
天ざるそば@1280
d0042380_21443567.jpg

PA内で本格蕎麦・・・まぁちょっと高めだけど良しとしましょう

小諸ICで下りて15分ほど走って着いたのは菱野温泉 常磐館
d0042380_21471848.jpg

ココの名物は露天風呂へ行くのに6人乗りの小型の登山電車(ケーブルカー)乗っていく!!
d0042380_21555480.jpg

下から見上げるとこんな感じ
d0042380_21561981.jpg

大人でもはしゃげる感じです
d0042380_215708.jpg

すれ違う時はちょっとドキドキです
d0042380_21574319.jpg

1分30秒ほど乗って着いたのは雲の上の露天風呂「雲の助」
d0042380_2201742.jpg

湯小屋に向かい
d0042380_2211362.jpg

入ると薪ストーブ
d0042380_2214036.jpg

ワクワクしながらお湯へ向かいます
d0042380_2233220.jpg

んでまずは内湯・・・少し深めの湯船・・・お湯も透明で優しい感じ
d0042380_224140.jpg

外に出ると2つの湯船
d0042380_2251098.jpg

ぬるめの石造りの泡湯
d0042380_2261134.jpg

小さい湯桶のすこし熱めの湯
d0042380_2271523.jpg

そしてすこし階段を下がる4人くらいは入れる大きめの桶湯
d0042380_2281514.jpg

湯口から勢いよくお湯が・・・少し残念なのが循環も併用しているみたい
d0042380_22101338.jpg

湯船からはこんな感じ
d0042380_22123857.jpg

ゆぶねの左手にはブランコもw
d0042380_22131331.jpg

確かに開放感あふれる景色は最高ですね~
d0042380_22134688.jpg

d0042380_22201677.jpg

外来入浴@1000はちょっと高めですがお勧めできる温泉です

立ち寄り温泉を満喫し今夜の宿を目指します

下道を1時間チョット走り別所の温泉街を奥の方まで進み着いたのは別所温泉 上松屋旅館
d0042380_22244621.jpg

まずは付近を散策しに散歩に出ます

最初に向かったのは宿の裏手の方向にある安楽寺
d0042380_22284928.jpg

この奥には国宝の八角三重塔がありますが拝観時間を過ぎていた為拝めず・・・
d0042380_2230597.jpg


次は常楽寺へ向かう遊歩道からの景色
少し高台から塩田平方面そして上田菅平方面の夕景
d0042380_2231163.jpg


そして立派な茅葺き屋根の常楽寺
d0042380_22334512.jpg

ココは北向観音の本坊とされています

そしてすぐ近くにある別所神社へ参拝
d0042380_22353010.jpg


再び温泉街へ戻り北向観音へ
d0042380_22362664.jpg

前にも紹介しましたがココのお手水は温泉♪
d0042380_2237254.jpg

ちゃんと温泉分析書もw
d0042380_22372610.jpg

段々日も暮れてきてイイ感じに
d0042380_22383431.jpg

恋愛成就のパワースポットの縁結びの木、愛染カツラ
d0042380_22412536.jpg


とこんな感じで小一時間の散歩でした

宿に戻り今度は食事の前にひとっ風呂と行きます
時間帯で男女別に入れ替わりになっています

まずは内湯・・・みはらしの湯 あんらく
d0042380_224554.jpg

そして外湯・・・露天風呂 石の湯 あんらく
d0042380_224618100.jpg

お湯は嬉しい源泉掛け流し!!・・・泉質は単純硫黄泉

それほど硫黄臭はきつくもなく湯温もイイ具合でユッタリ出来ました

そしてお次は食事です・・・部屋食なのでリラックスできます
d0042380_22524293.jpg

自分とカミさんのメインは信州産牛肉のすき焼き
d0042380_22542098.jpg

ユズのメインは信州産牛肉陶板蒸焼
d0042380_22571059.jpg

そしてユズの希望で馬刺しも追加
d0042380_225503.jpg

お造りも信州サーモンほか
d0042380_22553566.jpg

その他も美味しくいただきました
d0042380_22561082.jpg

で満面の笑みでピース
d0042380_2334625.jpg



という流れで早めの就寝




翌朝は当然のごとく温泉から始まります

昨夜と男女が入れ替わり

内湯・・・みはらしの湯 じょうらく
d0042380_23103296.jpg

外湯・・・露天風呂 松の湯 じょうらく
d0042380_2312572.jpg

同じく露天風呂 八角風呂
d0042380_23125886.jpg

この日は朝から雪が舞い温泉街の景色もうっすら雪景色に
d0042380_23141729.jpg

イイ風情になりました

そして朝食
d0042380_231678.jpg

ロビーには真田家ゆかりのグッズ
d0042380_2319913.jpg

モーニングコーヒーはサービス
d0042380_23175969.jpg

宿のマスコットかな?
d0042380_23195342.jpg


宿の方は皆さん親切で気持ちよく過ごせました
因みにこの宿は一人旅歓迎の宿らしいです
d0042380_2322286.jpg


宿をチェックアウトして別所温泉駅で撮影
d0042380_23231339.jpg

丸窓の列車です
d0042380_23241286.jpg


この日は帰る途中にこれまたクーポン@1700で日帰り入浴予定です

ですがその前に更に立ち寄り湯します

小一時間走り鹿教湯温泉の共同浴場・・・ここも以前に一度来ております
d0042380_2330488.jpg

ココのお湯も源泉掛け流し♪
d0042380_23304159.jpg

@200でこのお湯を味わえるのは大変嬉しく思いますね~
d0042380_23322590.jpg

ホントにここはお勧めです

んで次は昼飯・・・クーポンに付いている食事です
温泉旅館から5分ほど離れたR299沿いのお店「信州蕎麦処 遊楽庵
d0042380_23363568.jpg

食事の内容はこんな感じ
d0042380_2336593.jpg

d0042380_23372195.jpg
d0042380_2337977.jpg

味はまぁまぁかな

食後に目的の温泉旅館へ・・・横谷温泉旅館
d0042380_23394752.jpg

ココのお湯は2つの泉質(二酸化炭素泉と含鉄泉)の混合泉らしいです

まずは内湯
d0042380_2344327.jpg

んで外湯は1つ目の露天風呂・・・二酸化炭素泉かな
d0042380_23451182.jpg

少し白く濁りかけた透明感のあるお湯で暫く入っていると肌に泡がついてきます

更に奥に進むと2つ目の露天風呂・・・茶色く濁った含鉄泉
d0042380_23473584.jpg

勢いよく湯が湧き出ているように見えますが・・・残念ながら循環しているようです
d0042380_23494264.jpg

ですが湯船の横は雪景色の横谷渓谷
d0042380_23501759.jpg

見上げれば青い空・・・OLYMPUSブルー
d0042380_23511284.jpg

ここも開放感あふれる良い露天風呂でした

温泉を出てクーポンに付いているお土産屋に向かう途中
R299メルヘン街道で辺りが開けたところで風景の撮影

八ヶ岳連峰を望む景色
ココでも撮影機材を変えて比較してみます
①OLYMPUS TG-620
d0042380_23593030.jpg

②Canon PowerShot G15
d0042380_01015.jpg

③Canon EOS 7D 15-85mm (15mmで撮影)
d0042380_045319.jpg

④Canon EOS 7D 10-22mm (10mmで撮影)
d0042380_065588.jpg

メーカーによって空の色の違いが出ますね~

ただCanonの10-22mmは青空には定評がありますのでチョット違う感じかな

とまぁ完全に個人の趣味に家族を巻き込んでおります




ところで今回の4つの温泉ですが

最初の菱野温泉と最後の横谷温泉はお湯は循環併用ながら
その露天風呂の開放感が気持ちよく温泉の一つの効能である
いわゆる「転地効果」を満喫出来ました

別所温泉と鹿教湯温泉は泉質も優しいお湯でもあり
特にに源泉掛け流しのお湯は個人的に最高ランクの温泉に感じます

どちらも良い温泉でしたが雰囲気を選ぶかお湯で選ぶかと対照的でした

温泉ソムリエとなって現在も修行の身でありますが週1の温泉を心がけて
これからも精進していきたいと思っております

長々とお付き合いいただきありがとうございました


おしまい
[PR]

by yoo-1 | 2013-02-13 23:56 | Family